めておさんの(´(・)`)クマッタモンダ日記
信長の野望 Online 萌黄サーバーでの (´(・)`)クマッタモンダ日記
07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
神々たち 
2008/08/11 [Mon] 10:05:22 » E d i t
弁才天

弁才天(べんざいてん)は、仏教の守護神である天部の1つ。ヒンドゥー教の女神であるサラスヴァティー(Sarasvatī) が仏教あるいは神道に取り込まれた呼び名である。経典に準拠した漢字表記は本来「弁才天」だが、日本では「才」が「財」の音に通じることから財宝神としての性格が付与され、「弁財天」と表記する場合も多い。本来、仏教の尊格だが、日本では神道の神とも見なされている。弁天とも言われ、七福神の一員である。仏教においては、妙音菩薩(みょうおんぼさつ)と同一視されることがある。

イソタケル

五十猛神(イソタケル)は、日本神話に登場する神。「イタケル」とも読まれる。『日本書紀』のみに登場するが、『古事記』に登場する大屋毘古神(オホヤビコ)と同一神とされる。スサノオの子で、オオヤツヒメ・ツマツヒメは妹。
本文ではヤマタノオロチ退治が述べられている段の第四の一書において、天(『古事記』では高天原)を追放されたスサノオとともに新羅曽尸茂梨に天降り、スサノオがこの地吾欲さず(「乃興言曰 此地吾不欲」)と言ったので、一緒に埴土船で渡って出雲斐伊川上の鳥上峯に至ったとある。五十猛神が天降る際に多くの樹木の種を持っていたが、新羅には植えずに全てを持ってきて、九州からはじめて全国に植えたので、木に被われる国となったという。同段の第五の一書では、スサノオが体毛を抜いて作った各種の樹木を、二柱の妹神(オオヤツヒメとツマツヒメ)とともに全国に植えたとある。どちらの一書でも、今は紀伊に祀られているとしている。

------------------------------------------------ウィキペディアより引用

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://meteosan.blog101.fc2.com/tb.php/222-46b57c9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
池袋の私書箱の紹介です
2008/08/11(月) 14:26:43 | 激安!池袋の私書箱新規オープンです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。